ポリオ生ワクチン接種後に気をつけること(ポリオ番外編)

11月 8th, 2011

ポリオの生ワクチン接種からくる麻痺を避けるために気をつけた方が良いこと・・・

それは、ひと月は筋肉注射を避けること、らしいです。ポリオの予防接種関係の情報を当たっていて偶然見つけました。ひと月以内に筋肉注射を受ける(特に繰り返し受ける)と麻痺になる率が上がる、という研究が出されています。

他の予防接種とは4週間あけることになっていますし、母子手帳に日にちが記載されますから、こちらの方の心配はあまりいりません。

ただ、風邪等々で注射を受ける場合があるので注意が必要です。もっとも肺炎等々で緊急を要する場合もありますから、一概に「注射は絶対避けた方が良い」とは言い切れません。ただ、飲み薬等別の方法でなんとかなるものなら、そちらにしておいた方が良いようです。

(あくまでリスクの問題ですので、一回注射したらすぐにどうなる、というものではありません。過敏になりすぎて目の前の症状を悪化させ、子供を危険にさらしては元も子もありません)

後、ワクチンでポリオを発症した場合の典型は、2~3週間で発熱、数日後に足の麻痺が起こるそうです。というわけで、接種を受けた後3週間ほどは注意して様子をみておく必要があります。余分を見ると、結局やっぱりひと月近く、ということになりますね・・・

不活化の承認遅れも問題ではありますが、それ以前に、今使っているワクチンについて、こういったユーザーサイドで多少なりと対処できる事柄について、もう少ししっかりと情報を伝えて欲しいなあと思った次第。

<関連リンク>
ポリオワクチン接種後のワクチン関連麻痺について(エーザイのwebページ かなり専門的。生ワクチン接種後の筋肉注射について具体的な数値データが出ています)

ポリオワクチンの話(小児科医さんのブログ。分かりやすいです)

関連記事

  1. ポリオの予防接種3(どうするか)
  2. ポリオの予防接種2(現況)
  3. ポリオの予防接種4(どのくらい危ない?)
  4. ヒブ、肺炎球菌の予防接種
  5. ポリオの予防接種1(接種の必要性)
  6. ポリオの予防接種5(まとめ&考察)

Comments are closed.