家計の1年の見通しを立ててみた

3月 21st, 2013

最近凝っている家計簿。とりあえず「月ごと」のシートは大体完成。で、やる気があるうちに、と1年総括分のシートをいじってみた。

いじりついでに、一年の見通しなんぞを立ててみたりなんかしたりなんか・・・

日常生活にかかる分以外の出費の大物は、「車関連」「保険」「交際費」辺り。こうやってみると車ってナカナカ金食い虫(=ェ=)。ガソリン代、保険料、税金で年20万ばかりが出て行く計算に。これ、まだ高速代金などは全く入っていないし、車検の年はそれも上乗せに。駐車場代金が基本的にかからない分だけ助かっているけれども。

とはいえ、なしでは暮れて行かない。というか、もう一台必要になるのは目に見えている。

車の保険は、夫の友人のところで手続きを頼んでいるが、今はやりのネット系だとどうなるのだろう、とちょっと見積もり計算をやってみた。

結果は・・・うーん、思ったほどには安くない。1円でも安く、と思うならもちろんネット系に乗り換えるべきなのだろうが、そこはそれ、「つき合い」というものもあるわけで・・・ものすごく金額が違うのなら検討に値するのだけれども。いろいろとお世話になっているので、それを考え合わせるとやっぱり乗り換えはナシ、という結論に。

車以外の保険については、大半が貯蓄型の分なのでまあ、これはとりあえずそのままにすることに。個人的にはこれをもうちょっとなんとかしたい気はしているのだが、ここまでの分をフイにするのもどうかな、というわけでやっぱりそのままに。

交際費はといえば、やっぱりどうにも削るに削れない。必要最低限に一応5万ほど予備費を上乗せしておいたが、これは冠婚葬祭は不意に来るので足りない可能性もある(逆に0、という可能性もあるが)。

で、諸々数字をああでもない、こうでもない、といじくって・・・結局やっぱり削りようがないという結果に。むーーーーー。

まあ、削りやすいのは、実際は日常生活の費用なので、当然といえば当然なの・・・か?

日常生活にかかる費用については、もう少しデータが集まらないと検討しづらい。ただまあ、なんというか・・・うん、これも大体削るに削れない感じ。

なんだかんだで一定貯蓄分やらざっくりとした「どうしてもかかる費用(日常生活費込み)」やらを除いたら、月2万程度の余裕、という計算結果に落ち着いた。今はこの分も大体貯蓄に回せるだろうが、子供が幼稚園等々へ行きだしたら、今決めている「一定貯蓄分」を減らさないと生活が回らない計算に。できれば10年ほどは貯蓄分を減らしたくないが、どうもそういうわけにも行かなさそう。

やっぱり「削る」より「収入増」を目指す方が建設的な気がする。1万節約するより1万稼ぐ方がやさしい、と誰かが書いていたが、確かにそういう部分はある。

でも今はちょっと難しいんだなあ・・・。どこかに落ちてないかな、お金稼ぎのネタ。とある人に言わせれば、「そんなものどこにでも落ちている」のだそう。確かにそうだろうな、と思うものの、私の目は節穴なので見つけられないのだった。がっくし。

ま、できることからやるべ、ということで・・・とりあえず、次は10年~50年(?!?)スパンのチェックかな(=ェ=)。気乗りしないケド。一応やっておいた方がいい、よねぇ・・・?

No related posts.

Comments are closed.