30年程先まで考えてみた

3月 26th, 2013

やる気があるうちに、と家計簿作成ついでに長期家計の検討をしてみた。

がっ・・・向こう5年くらいまではまずまず正確に、10年先くらいまではおぼろに出せるが、その先となると「?????」。ほとんどが仮定状態で、意味がどこまであるやらないやら・・・

とりあえず、「誰も死なない」「事故・病気は発生しない」「自然災害や火災に遭わない」前提で作ったケド・・・うーーーん?

もちろん(?)増税やらインフレやらも全く算入できていない。がおーがおーがおー。もうちょっと知識があったらなあ・・・と思いつつ勉強する気も今のところあまりないのだが(やっぱりホラ、目の前ににんじんがぶらさがってないとなかなか)。

一応、なんとか回って行きそうだ、という結論にはなったが、それでも、もし子供が「医者になりたい!」とでも言い出したら、詰みそうな雰囲気。うちの家計では国公立限定でないと絶対無理(=ェ=)。それも勉強の出来が悪かったら多分無理。芸事系統の進路も恐らく無理(自力で頑張れ)。

まあ、高校まできちんとできていれば、後は自力で結構なんとかできなくもないので、心配はしすぎないことに。勉強がすごく嫌いなら無理するのもナンだし。他の道を探す方が多分建設的だろう。

本人に才能があって、意志があって、それが社会の役に立つようであれば、できるだけ支援したいとは思う。それができるようにしておきたい、とも。

なせばなるのか、なるようになるのか・・・ともあれ、ぼつぼつできることからやるべ~。

関連記事

  1. ごあいさつ
  2. 放射線モニタリング情報
  3. サッカー日本代表に触発された?

Comments are closed.