早くやるべきだった保険の見直し

6月 20th, 2014

下の子も1歳を過ぎちょっと落ち着いてきたので、前から気になっていた夫の保険の見直しにようやく手をつけた。

結果・・・

大ショック。何なの、この保険状況はーーー(がおーっ)。

ひどい、ひどすぎる。結婚前から夫がすでに加入していた生命保険&がん保険。自分で検討していないのでよく分からず、出産やら育児やらにかまけてずっと放置していた・・・のだが。

いや、なんというか・・・がん保険は重複しているし、生命保険は掛け捨ての定期保険でその上抱き合わせ販売の商品だし(あれこれついて割高TT)。そもそもその生命保険に加入を決めたのは義母なのだが、義母は「積み立てがある」と思い込んでいた模様・・・

義母は賢い人なので、きっと大丈夫だろうと思っていたのだけれど、そーだ、彼女はしかし、「とってもざっくりとした」人でもあるのだった・・・orz(その代わり決断と行動は超早い)。だから、こういう保険のようなややっこしいものは「よきにはからえ」的にやってしまうタイプ。保険屋からしたら「いいカモ」だよねTT。

一方のがん保険は会社から団体で加入させられたもの・・・らしい。

がん保険はとりあえず解約するとして・・・問題は生命保険。

この生命保険は医療保険等々が抱き合わせになっている。個人的には、

生命保険 → 別会社の終身タイプに切り替え。終身保険で足りない分は県民共済の総合保険でカバー
医療保険・がん保険 → 県民共済に切り替え

としたいところなのだが・・・夫はチト肝臓の数値が悪い。告知義務のあるレベルには達していないにしても、うーーーーーん・・・県民共済、今から入れてもらえるかしらん?

今の保険会社の商品は、どう考えても非常に内容が悪い(高い割に保障もよろしくない)し、加入させる時の説明が大変悪かったと推測されるので(なんちゃって「非掛け捨て」で「掛け捨てではありません」と説明したに違いない・・・)極力他社に乗り換えたいのだけれども・・・

はーーー、もっと早く見直すべきだったなあ・・・ううう(TT)。私が来た時は「保険を切り替えたところ」で触りにくかったんだよねえ・・・(面倒だったのも大きいけれども)。

教訓:
保険の見直しは遠慮は無用。早いほうがいい

はあ・・・

関連記事

  1. 貯金の費目は何だろう?
  2. ダイエット清涼飲料で太る?

Comments are closed.