黄色い帽子のおじさんが偉大すぎる

7月 14th, 2014

息子が最近はまっている「おさるのジョージ」。Eテレで毎週土曜日放映されるのだが・・・

ジョージを育てている黄色い帽子のおじさん、偉大すぎる~~~!

なにしろジョージはおさる。基本的にとても善良で頭が良くいい奴なのだが、「思い込んだら・・・」ならぬ、「思いついたら」一直線。おかげでしょっちゅう部屋はめちゃめちゃ、ものはぐちゃぐちゃ。

あれやこれやと失敗してとんでもないことになっても、私が見る限り、絶対に、おじさんはジョージを怒らない。

もちろん注意はするし、間違っていれば正しい方へ誘導するけれども、常にジョージに理解があり共感的。ずぼらをしたジョージが朝ご飯をひっくり返し、そこいら中に果物やらジャムのついたパンやら飲み物やらをばらまいても、「大丈夫か?ジョージ」

農場の動物を全部外へ出してしまって&柵まで壊してしまっても(ジョージは一生懸命仕事をしたのであってわざとではないのだが)も、そのおかげで自分の寝室に豚が入り込んで来ても、「大丈夫か、ジョージ」。そしておもむろに二人(?)で状況を立て直しにかかる。

・・・すごい、すごすぎる。絶対私にはできない・・・

その他諸々、ジョージのおかげで結構ひどい目に遭うこともあるのだが、それでも常にジョージに理解を示し、時に面白がる。偉大だ・・・

彼のように子供に相対することができれば、きっと子供は幸せに、いい子に育つんだろうなあといつも思う。まあ、架空のお話だから、といえばそれまでだけれども。でもなあ、いやー、やっぱりすごい。

彼自身、時々子供じみたところもあって、それがまたご愛敬。いったい何の仕事をしている人なのかと思ったら、どうやら博物館の学芸員らしい。

・・・いまいち仕事をしているようには見えないけど^^;。たまに博士たちといろいろやっているあれが仕事、なの、か・・・?

まあ、彼のようにやるのは絶対に無理ではあるけれど、でも「こうだといいよね」と一応理想として持っておくのは悪くないよね、きっと。

そんなこんなで私も楽しんで見ているけれど、息子よ、頼むから同じ話を延々見るのはやめておくれ。次の土曜日が来るまでに多分20回くらいは見させられていると思う・・・(o_ _)o。

関連記事

  1. 初つかまり立ち
  2. 手八丁、足八丁(?)
  3. 寝ない子
  4. 腹ぺこで目が覚めた?
  5. 簿記式家計簿ってどうかな
  6. 卵なしおからクッキー第三弾(レシピ有)
  7. 思わぬところからダメ出しが・・・

Comments are closed.