Win10 アップグレードで起きたトラブル

7月 11th, 2016

29日でWindows 10への無償アップグレードが終わってしまうので、先にアップグレード関連のネタを。

「離席して戻っていたら勝手にアップグレードされていた」という報告も多数あるくらいなので、割合すんなり行くケースが多いのだろうとは思う。

他方つまずくと結構大変らしい。

Macと異なり、Windows系のパソコンはメーカーやシリーズによって様々なので、一概に「大丈夫」「大丈夫ではない」と確言することはできない。

・・・なので、メーカーで大丈夫かどうかを確認しておく方が良いかと。確認しても、入れているソフト(アプリ)によって変わる部分もあるので、絶対とは言えないのだけれども。

ちなみに、私の場合は、セキュリティソフトのノートンが引っかかった。問題が起こるとしたらノートンだろうな、と思っていたら、案の定・・・Win10になったとたん、ノートンが「利用不可」に(苦笑)。危ないじゃないか!

ノートンのサイト内をうろうろ、うろうろ、うろつき回り、あれやらこれやらとダウンロードしてああでもない、こうでもない、とやる羽目に。

ノートンから、一応指示は出る。こうやって、ああやって、と。ただ、何故かそれが上手く行かないんだなぁ・・・最終的にはなんとかなったけど。

ノートン独特のライセンス関係の仕組みがあって、それを理解するのに少し手間取ってしまった。

とりあえず、ノートンを利用している場合は、確実に、ノートンの管理サイトにサインインできるようにしておいた方が良い。

私の場合だが、管理サイトで使用中のライセンスを解放→そのライセンスを使って、最新版をダウンロード&インストール、という流れだった。

使用中の分のライセンスを解除しないと、「ライセンスに空きがない」というようなことを言われて、使えるノートンをダウンロードできない。

ちなみに、私の場合、タイミングが悪く、ノートンの更新時期が今月末で、自動課金が設定してあったため、そちらも引っかかってしまった。こちらは、自動課金を一旦解除すればOK。新しいものをダウンロード&インストールすると、自動課金は自動的についてくる(選択の余地はなさそうだったので、将来的に乗り換える時は、注意が必要)。

なお、初めからパソコンについていたいわゆる「バンドル版」については、対処法が違う可能性があるので、先にパソコンメーカーを調べておいた方が良いと思う。

関連記事

  1. Windows 10の使い心地
  2. 生理痛の意外な原因
  3. 母乳育児のコツ
  4. どんな大人に育って欲しいかな?
  5. Python3.5にwxPythonを導入する
  6. Cortanaのチャット復活
  7. リスト全ての要素の改行(’\n’)を削る

Comments are closed.