あなたの書いた文章で、性格が分かる・・・?

9月 22nd, 2016

IBMのコンピュータ・プログラム「ワトソン」君が、文章から性格診断をしてくれる。

Personality Insights

ツイッターからの診断と、それ以外の文章からの診断と二種類ある。

私はツイッターはしていないので、手持ちの諸々の文章を使って試してみたが・・・

うーん、入れるものでかなり結果が違う。慎重な人だと言われたり猪突猛進だと言われたり。自主性を重んじると言われたり伝統的だと言われたり。

ちょっと日本語モードの場合、訳語にか~な~り、難があると思う。ワトソンは翻訳もするらしいので、ひょっとしてコレ、ワトソンが訳したのか・・・?

ツイッターの方が、多分正確な結果が出ると思う。

実際、ブログ記事で試してみたが、何気なく書いた日常的な文章の方が「まあ、そんな感じかな」という結果になった。

「少し批判的なタイプであり、またガードが堅いタイプです.

安定しているタイプです: いつもの習慣や日課を好み、そこから逸脱することを望みません. のんびりとしているタイプです: ゆったりとしたペースの生活を好みます. また、堅実なタイプです: 思い付きよりも事実を選びます.

幸福につながる体験を好みます.

伝統、生活を楽しむことのいずれも関心がありません. 人が通った道よりもわが道を行くことを大切にします. また単なる個人の楽しみよりも大きな目標を伴う行動を優先します.」

だそーな。うん、これならかなり当たってる。

行動の傾向についてもうにゃうにゃと教えて(?)くれるのだが、こちらは多少共通項があった。

彼によれば、私がやりそうなことは「自分の健康を犠牲にする」(爆)。

・・・何故分かる、ワトソン?自分の健康には無頓着な方だ。

私がやらなさそうなことは「自分へのご褒美」「環境に優しい製品を購入する」らしい。

うーーん・・・?まあ、ほどほどにそう、かな?どうかな?

ワトソンに言わせると、環境に優しい製品は、「同調性、協調性、誠実性が高い人」が購入しやすいらしい。つまりなんだ、ワトソン、私は同調性・協調性が低く、誠実ではない、と?

でもって、自分へのご褒美については、「誠実性、同調性に富み、環境保護や自己改善に関心が高い人、愛情や理想を求める人、快楽主義を求める人は、高級ブランドを好む傾向にある」のだそう。

^^;。まあ、独立独歩なタイプであるからして。そうとも言えるかもしれない。

ちなみに、英語で試した結果はこんな感じ。別人っぽいけど、最後の段落は大体共通しているなぁ。

「情に厚いタイプであり、形式張らないタイプであり、また猪突猛進な人と思われるかもしれないタイプです.

権威に挑むタイプです: 権威や伝統を守るよりも、より良い方向へ変化させる方が良いと考えます. 哲学的なタイプです: 新しいアイディアに興味をそそられ、進んで受け入れ、探求することを好みます. また、感情移入するタイプです: 他人がどう感じるかを意識し、同情するタイプです.

発見を意識して意思決定するタイプです.

伝統と生活を楽しむことの両方にあまりこだわりません. 人が通った道よりもわが道を行くことを大切にします. また単なる個人の楽しみよりも大きな目標を伴う行動を優先します」

関連記事

  1. つぶし切れない野菜

Comments are closed.