トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

-レシピメモ-


戻る

いろいろレシピメモです。あちこちから集めていたり、アレンジしてあったり、オリジナルだったりします。

八杯豆腐

ソース:江戸時代からの定番料理?

だし:酒:醤油が6:1:1になれば良し

<材料>
 絹ごし豆腐・・・1丁
 だし・・・・・・300cc
 酒、醤油・・・・25cc
 片栗粉、水・・・各大さじ1
 大根おろし・・・適量

<作り方>
 1.豆腐は切って温めておく
 2.だし、酒、醤油を弱火で煮立て、水溶き片栗粉でとろみをつける
 3.水を切って豆腐を器に盛り、2をかけ、大根おろしを載せる

根菜類の葉の炒め物

ソース:家庭料理?

大根やにんじんの抜き菜で作ると柔らかくておいしい(大きくなっていても、葉っぱが固くなりすぎていなければOK)。

<材料>
 かぶ/大根/にんじん等の葉
 ジャコ
 醤油
 みりん

分量の目安:
好みにもよるが、かぶ3個分の葉に対して醤油とみりんそれぞれ大さじ1弱、ジャコ20g程度。

<作り方>
 1.葉を洗い、やや細かく刻む(7mm〜1cm程度?)
 2.大体火が通ったらジャコを入れて軽く炒める
 3.醤油とみりんをまぶし入れてざっと絡める

にんじんのポタージュ

ソース:杉浦太陽氏(はなまるマーケットより)
補足:さんり

<材料>
にんじん、タマネギ・・・各1
バター・・・・・20g
水・・・・・・・300cc
牛乳・・・・・・1カップ
固形コンソメ・・2個
塩・胡椒・・・・少々

<作り方>
 1.タマネギ・にんじんは薄切りにしておく
 2.フライパンにバターを入れ、1をいれてしんなりするまで炒める(中火)
 3.2に水・固形コンソメを入れ、具が柔らかくなるまで煮る
 4.火を止め、フードプロセッサー等でつぶす
 5.再度火をつけ、牛乳を加え一煮立ちさせる(ハンディプロセッサーなら、ここで再度つぶしておくと良い)
 6.塩・胡椒で味を調えて出来上がり

ぶりの焼き漬け

漬け込まずに焼くので焦げ焦げにならない&お上品に仕上がる
ソースでは、ししとうが添えてあったがここではカット

ソース:渡辺あきこ氏(NHK あさイチごはん)
微アレンジ:さんり

<材料>
ぶり・・・・350g
ゆずの皮・・・3センチ角程度

(A)
酒・・・・・大さじ3
しょうゆ・・大さじ2
みりん・・・大さじ1

<作り方>
1.ゆずの皮を千切りにする
2.ボウルやバットに(A)の材料を混ぜ合わせ、1のゆずを入れる
3.ぶりを一口大に切る
4.フライパンに油を敷き、ぶりを焼く
5.ぶりが焼けたら、すぐ2に入れ、最低2時間漬け込む。一晩おくとなお良い

かぼちゃの煮物

<材料>
かぼちゃ・・・・1/4個
水・・・・・・・200cc
砂糖、みりん・・大さじ1と1/2強
酒・・・・・・・大さじ2
しょうゆ・・・・大さじ2

<作り方>
1.かぼちゃは適当な大きさに切る
2.水、砂糖、みりん、酒、しょうゆを鍋に入れ、軽く火にかけて砂糖を溶かす。砂糖が溶けたら火を止める
 注:鍋はかぼちゃを平たく並べられる程度のサイズのものを使用
3.かぼちゃを2の鍋に並べ入れ、落としぶたをし、とろ火にかける
4.沸騰し、かぼちゃに火が通ったら、火を止めて汁を含ませる

鯛の煮付け


しじみ汁(味噌)


豚肉の生姜焼き

砂糖のかわりに蜂蜜を使ったレシピ

<材料>(4人前)
豚肉・・・・・400g
たまねぎ・・・中1個
小麦粉・・・・適量

(A)
しょうゆ・・・大さじ3
酒・・・・・・大さじ2
みりん・・・・大さじ1
はちみつ・・・小さじ1と1/2
生姜・・・・・一かけ(小さじ2程度)


戻る
最終更新時間:2011年09月08日 16時14分16秒