トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

WordPressでAmazonアソシエイト(アフィリエイト)を簡単に使う


戻る


プラグインを使わない場合

1.Amazonアソシエイトにログインして商品のリンク情報を入手(方法はAmazonアソシエイトのサイトで確認して下さい)

2.Wordpressの「ユーザー」から「あなたのプロフィール」(この辺りの表現はWPのバージョンによって若干違います)を選び、「ビジュアルリッチエディタを使用しない」にチェックを入れる

3.1で入手したスクリプトを投稿記事にコピー&ペースト。

 2009年5月現在、Amazonアソシエイトが「商品リンク」としてぱっと提示してくれる商品リンク情報はインラインフレーム(iframe)を利用しています。Wordpressのリッチエディタはどうやらこれが嫌いらしく、「ちょっと見た目を確認しよう」と「ビジュアル」に切り替えたとたん、勝手に消去されてしまいます。その他ちょっとしたことで消されてしまいますので、リッチエディタを切ってご利用下さい。

プラグインできれい&簡単に


 先の方法はとっつきは良いのですが、ビジュアルエディタが使えない、見た目が微妙(いちいちamazonボタンが入るし・・・)です。おまけに何故かインラインフレームの細かい指定が思うように行かない、となかなか厄介です(IEだとまだましなのですが)。

 一見面倒そうでも、実はプラグインを入れる方が圧倒的に簡単かつ便利になります(このプラグインにたどり着くまでにかなり苦労をしました・・・)

 方法は下記の通り。

1.Worepress.org内からAmazon Reloaded for WordPressをダウンロード

 英語ですが使用時はほとんど英語は必要ありませんので大丈夫です。
 WPのバージョンが2.5以上の場合は、通常のWP-Amazonプラグインが利用できません(涙)。それより前のバージョンの人は普通にWP-Amazonで行けるようです。

2.WPをインストールしたフォルダにあるwp-contentの下、「plugins」というフォルダに、解凍したAmazon Reloaded for WordPress(WP-Amazon Reloadedとも呼ばれる模様)を入れる

3.WP管理画面のうち「プラグイン」から上記プラグインを「使用する」に切り替え

4.WP管理画面の「設定」に「Amazon Reloaded」が追加されているのでそれを呼び出し

5.Associate-ID(アソシエイトID)とcountry(国)を設定。IDは自分のIDを記入、国は日本のAmazonであれば「Japan」を選択。終わったらUpdate optionsをクリックして保存

以上でプラグインの準備は終了。後は・・・

6.投稿作成画面を呼び出すと、下の方に「Amazon Reloaded for WordPress」という欄が出来ているので、そこで検索したいアマゾンの商品タイトルを入れる

7.目的のもののカテゴリーを選び(でない場合もあるかも)希望の品物があったら、「Insert Image」をクリック(この時画像サイズを選べる)。自動的に投稿欄に画像リンクを書き込んでくれる。テキストの方をクリックするとテキストも自動で書き込んでくれるのでこれで完了

以上〜。

戻る
最終更新時間:2009年05月09日 16時54分24秒