トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

wikiの導入


戻る


準備


 -お手軽に試すには-


 wikiを使って自分のサイトを作る場合ですが、はっきりきっぱり、広告が気にならないなら、フリーサービスが便利です。自分専用となると、まずwikiを置くサーバーの心配からしなくてはなりません。自前で立てるか、フリーもしくは有料のサーバーを借りるか・・・
 その点、レンタルwikiサービスなら、登録さえすればはじめからさくっと使えます。ヘルプもそれなりに準備してあることも多いので便利。
 一応例を挙げておきます。

 @WIKIを実はこっそり(?)使っているのですが、結構使いやすいです。掲載される広告の内容がときどきえげつないですが。
 FC2は最近見つけたので(いつの間にサービス始まったんだ・・・)ちょっと分かりません。いつもどおりだと広告はこちらのほうが大人しいかな(編集画面にはがたがた出るけど、公開画面にはそれほど出ない)。

 -wikiの選択-

 とまあ、お勧めはフリーサービスのwikiなのですが、あれこれいじり倒したい、だとか自分専用で作りたい、ということであれば、どこかからwikiのプログラムを拾ってきてサーバーに放り込む必要があります。もちろん、wikiを動かせるサーバーも必要。
 サーバーの選択は守備範囲を超えるので置いておくとして(ってここで結構詰まるんですけどね・・・でも逆にここで詰まるくらいならフリーサービスがお勧め)、wikiもいろいろ種類があります。YukiWiki、Pukiwiki、FreeStyleWiki、Hiki、VikiWiki、MediaWiki、etc.etc...ご本家本元はWikiWikiWebで、ほかはその派生版らしいです。
 問題はどれを選ぶかですが、まず、日本語が普通に使えなくては困ります。それから、使用言語も大事。サーバーが対応していない言語で作られたwikiは動かせません。自前CGIを入れてOKなサーバーであれば、普通Perlは使えるので、Perl系(YukiwikiやFSWiki)にしておけば安心です。
 以下は私の選択過程。たぶん全然参考にならないと思いますが、一応書いておきます。
 私の場合、最終的に残った候補がYukiWiki、PukiWiki(Perlじゃないけど)、FreeStyleWikiの三種。ただ、YukiWikiは公式サイトにとんだところ、あまり最近動きが見られない様子。慣れない人間はほかの人の助けが必要になりやすいので、ちょっとこの状態は不安があります。
 といってPukiWikiはといえば、いろいろできて便利そうだけれど、ざっと見てみた感想は「・・・わけが分からん・・・」。
 いやまあ、ちゃーんとよーく勉強すればよいのですが、そこまでの情熱がありません。だったらほかのことに時間を割くぞよ、ということで、最終的に、インストールが簡単そうなFreeStyleWikiを選択しました。
 ええ、だからこのサイトではFreeStyleWiki、略してFSWikiの話になります。

導入


・・ごめんなさい、工事中です。近いうちに書き足します。
(ここまで書いて力尽きたらしい)

戻る
最終更新時間:2008年12月24日 14時23分10秒